メニュー

新規事業は0の売上を1にしなくちゃいけない | 夢の街創造委員会株式会社 採用ページ

瀬戸 康太郎

新規事業は0の売上を1にしなくちゃいけない

新規事業は0の売上を1にしなくちゃいけない

瀬戸康太郎

この「仕入館」の事業を、仮に一個人の立場で思いついて、起業しても、そう簡単にすぐ結果がでるものではなく、お金も時間もかかるでしょう。「出前館」というコア事業があり、地に足のついたビジネスがあるからこそ、新しい投資ができるとのだと思っています。そう考えると、恵まれた環境でチャレンジングな仕事ができていると感じています。

営業が100ある売上を200にするのが仕事であれば、新規事業は0の売上を1にしなくちゃいけない。どちらが大変というものではなく、取り組む姿勢や考え方が違うんですよね。新規事業である以上は、自分が事業主であるという意識を持たないとコミットできない。会社に言われてやっている仕事だからとこなしている状況では事業として成功しないと捉えています。半期ごとの評価面談は、契約更改だと思ってやっています(笑)

社員インタビュー

  • 瀬戸 康太朗

    瀬戸 康太郎

    新規事業本部
    新規事業グループ
    2014年中途入社

  • 荒木 佑輔

    荒木 佑輔

    戦略企画本部
    マーケティンググループ リーダー
    2010年新卒入社

  • 瀬口 靖文

    瀬口 靖文

    営業本部
    西日本営業グループ リーダー
    2013年中途入社

  • 濱本 昭弘

    濱本 昭弘

    営業本部
    加盟店コンサルティンググループ リーダー
    2010年中途入社