夢の街創造委員会

ニュースリリース

2018年03月07日

大阪の出前注文ランキング発表、出前注文数トップ10は焼き餃子が過半数を占める

» PDF版はこちら【546KB】

出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行う『出前総研』は、大阪にある出前店舗でどのような商品の出数が多いのかを調査し、2018年2月の1店舗あたりの出前館の商品出数TOP10と伸び率TOP10を発表いたします。

osaka1.PNG

<考察>
2018年2月の1店舗あたりの出前注文商品出数がもっとも多かった商品は「カレーの佐藤」の「カツカレー」でした。同商品は2018年1月も1店舗あたりの出数が最も多く、定番の人気メニューのようです。
2位は「中華料理 新京」の「ギョーザ」でした。同商品以外にも餃子は、6位、7位、8位にランクインしています。10位以降も、11位に「焼餃子(350円/北京料理 新京)」、15位に「焼きぎょうざ(300円/みん龍)」、19位に「ギョーザ(270円/天龍)」といった商品がランクインしており、30位圏内で餃子商品は11件ランクインしていました。兵庫、京都のランキングを調べたところいずれの県でも10位圏内に餃子のランクインはなく、30位圏内で見ても兵庫は2件、京都は0件で、大阪での餃子の出前注文が近隣地域と比べて多いことがわかります。
また、ランキングに入った店舗の餃子以外の注文状況を調べると、「焼き飯」が出前注文数の上位に入っていました。
「焼き飯」は、ご飯、野菜、肉などを油で炒め、最後に卵で仕上げる料理です。本来は鉄板で作る料理で、「炒める」というよりは具材を「焼」いて調理し、お好み焼きや焼きそばなど鉄板を使う料理が多い関西ならではの料理と言われています。
「チャーハン」との違いは調理方法と味付けで、「チャーハン」が卵を入れてからご飯を炒めるのに対して、「焼き飯」はご飯を炒めてから卵を入れます。また「チャーハン」が塩・コショウで味付けされることが多いのに対して、「焼き飯」はオイスターソースや和風だしを使用します。「焼きギョーザ」が7位にランクインしている「中華レストラン・スピリッツ」では、「焼き飯」と「チャーハン」をそれぞれ提供しています。

osaka3.PNG

<考察>
伸び率の1位、2位は大阪の天満にあるカレー店「大阪天神カレー」の「トンカツカレー」と「天神チキンカレー」でした。同店は「天神チキンカレー」をベースにトンカツ、コロッケ、大阪の南河内地方の郷土料理「油かす」などをトッピングしたカレー商品を扱っています。
 4位にはうどん・どんぶり店「やまや」の「から揚げ」がランクインしました。同店はメインのうどんメニューの多くが前年同月比増となっており、メインメニューの出前注文数が伸びた結果、サイドメニューのから揚げの注文が伸びたと考えられます。
 1店舗あたりの出前商品出数は中華系メニューが多く上位にランクインしていたのと異なり、伸び率のランキングでは中華料理の他、カレーやチキン南蛮、豚天、ピザといった様々なメニューが入っており出前の定番の中華料理以外の出前注文が今後伸びると考えられます。

今後も『出前総研』では、最新の出前・デリバリーに関する調査研究と情報発信を行って参ります。

※本リリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※本レポートの商品価格はすべて税込価格です。また、価格は地域によって異なる場合があります。

【調査概要】
大阪の2017年2月と2018年2月の商品出数を元に独自の算出方法で集計

【出前総研 概要】
これまでの『出前館』運営により蓄積してきた経験と知見を活かし、自ら情報を発信していくことにより、日本の出前・デリバリーを含めた中食産業、外食産業を中心とした「食」産業の活性化に貢献していくことを目的に開設された機関です。出前・デリバリーを含む中食に関する領域を総合的に調査・研究し、情報発信しております。また、日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館』の運営によって得た様々なデータや、その経験を活かしたメニュー開発、プロモーションや配送等の出前・デリバリーに関連するコンサルティング活動も同時に行っております。
(『出前総研』:https://dri.themedia.jp/)

【運営会社:夢の街創造委員会株式会社 概要】
■設立:1999年9月9日
■資本金:11億1,330万円(2016年8月末現在)
■所在地:(大阪本社)〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル8階
(東京本社)〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館15階
■代表者:代表取締役社長 中村 利江
■WEBサイト:/
■主な事業概要:日本最大級の宅配ポータルサイト『出前館』https://demae-can.com/の運営