夢の街創造委員会

ニュースリリース

2019年07月19日

出前館とエフピコ、デリバリー特化型容器の開発に向け協業開始!

» PDF版はこちら【665KB】

  日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」(運営:夢の街創造委員会株式会社、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中村 利江)と簡易食品容器製造販売の最大手 株式会社エフピコ(本社:広島県福山市、代表取締役社長:佐藤 守正、以下「エフピコ」)は、デリバリー商品に最適な容器の開発をおこなうため、2019年7月より協業を開始いたします。 


logo_2.jpg


20190719.jpg


※写真はイメージです。


  「出前館」は、全国19,000店舗以上が加盟する日本最大級の宅配ポータルサイトで、オンラインで出前注文ができるだけでなく、配達機能を持たない飲食店の配達を代行する「シェアリングデリバリー®」も展開しております。



  「エフピコ」は、スーパーマーケットなどに並ぶ生鮮食料品や惣菜、弁当などで広く使われている「簡易食品容器」の最大手で、1962年の創業以来、常に「食生活」と「食文化」の変化を先取りして、多様なニーズに対応した製品を提供しています。



  2019年10月に施行される「軽減税率制度」を目前に、デリバリーへの興味関心がこれまで以上に高まっており、デリバリー対応店舗が増えています。これを背景に「出前館」と「エフピコ」では、デリバリー対応店舗へのサポートを拡充すべく、デリバリー特化型の容器の開発をおこないます。デリバリーは、お客様のもとへ商品をお届けするまでの「配達の質の向上」と、お届け時の商品の状態の最適化が、サービスを展開する上で重要なポイントです。まずは「エフピコ」の多数の容器の中からデリバリーに適合する容器の実証実験を経て、デリバリー特化型の容器を開発し、実用化を目指します。



  デリバリー対応店舗のジャンルは近年多様化しており、既存容器での提供には限界があります。各ジャンルに適したデリバリー特化型の容器を開発することで、汁漏れや品質の低下等を防ぐことができると考えております。また 配達効率の向上につながるよう、一配送で配送品質を担保できる容器やその運用方法についても、双方で研究を行って参ります。



  「出前館」に蓄積されたデリバリーノウハウと、「エフピコ」の包むこだわりを組み合せ、デリバリー対応店舗と「出前館」を利用されるお客さまに安心安全をご提供できるよう、協力してまいります。




【夢の街創造委員会株式会社 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:(大阪本社)〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル8階
            (東京本社)〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階
代表者:代表取締役社長 中村利江
WEBサイト:http://yumenomachi.co.jp/
事業概要:日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」の運営
資本金:11億1,330万円(2018年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日

【株式会社エフピコ 概要】
所在地:(福山本社)〒721-8607 広島県福山市曙町1-13-15
            (東京本社)〒163-6036 東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー(総合受付36階)
代表者:代表取締役社長 佐藤 守正
WEBサイト:https://www.fpco.jp/
事業概要:ポリスチレンペーパーおよびその他の合成樹脂製簡易食品容器の製造・販売並びに関連包装資材等の販売
資本金:13,150百万円
設立年月日:1962年7月24日

※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。